ブランド品・宝石・貴金属は委託販売専門のブルームにお任せください!

ブログ

ブルーサファイアの神秘の魅力とサファイアを高く売るときの3つのポイント

ブルーサファイアの神秘の魅力と
サファイアを高く売るときの3つのポイント

ブルーサファイアの画像

サファイアは、深い青色と神秘的な魅力で世界中の宝石愛好者を引きつけてきました。この美しい宝石には、歴史的な背景や文化的な意味が込められていて、その魅力は様々です。

この記事では、サファイアの魅力と高く売るときの3つのポイントをお伝えしています。サファイアを手放すことを検討されている方は是非ご覧ください。

サファイアとは?

サファイアの美しさと神秘的な輝きは、宝石の世界で特別な存在として広く知られています。この貴重な宝石には、深い歴史と多彩で文化的な意味が込められていて、その美しさには多くの秘密が隠されています。

サファイアの歴史

サファイアの歴史は古代から続いています。最初に歴史に登場したのは紀元前7世紀で、アッシリア、バビロニア、古代エジプトでは王室の宝飾品や神聖な装飾品として使用されていました。古代ギリシャや古代ローマでは、サファイアは高位の役人や皇帝によって好んで使用され、貴族たちの指輪やブローチに見られました。 中世においては、教会の宝冠や聖杯などにもサファイアが使われ、宗教的な象徴として崇拝されていました。東方では、特にインドやスリランカなどから産出されるサファイアは、宗教的な交渉や王室の宝冠において神聖視され、装飾品に取り入れられました。ルネサンス期には、サファイアは王侯貴族の宝冠や宮殿の装飾品として使用されました。18世紀には、宝石の切り口や磨き技術が進化し、サファイアの美しさが一層際立っていました。

近代においては、サファイアの産地の多様性が広がり、新しい鉱床の発見によって供給が増えました。 これにより、サファイアはより広範な人々に手の届く宝石、隣に結婚指輪やアクセサリーなどに広く愛されていますされています。

サファイアの色

サファイアは青色が特徴的な鉱石で、酸化アルミニウムの結晶からできています。サファイアは非常に硬く、耐久性があります。これは、宝石として長い寿命と耐久性をもたらし、愛される理由の一つとなっています。
サファイアには様々な色合いがあり、青だけでなくピンク、イエロー、オレンジ、紫などが存在します。異なる色合いは、サファイアの魅力を多様化させ、コレクターや宝石愛好家にとっても魅力的な理由の一つとなっております。

サファイアの成分

サファイアはアルミニウムと酸素から成る酸化アルミニウム(Al2O3)の鉱物で、宝石として知られています。その特有の青色は微量の鉄やチタンの不純物によって生まれ、透明で硬度が高い特性を持っています。結晶構造は六角柱状で、高温高圧の条件下で形成されます。サファイアはモース硬度スケールで9と非常に硬いため、傷がつきにくく耐久性があります。異なる産地からのサファイアには色合いや透明度の違いがあり、産地によって異なる特性が見られます。合成サファイアも存在し、信頼性のある鑑定が必要です。サファイアはその成分と特性から、宝飾品やアクセサリーの中で美しさと高級感を演出する重要な宝石として愛されています。

そして、サファイアの成分について意外と知られていないのが、

ルビーとサファイアはともに酸化アルミニウム(Al2O3)から成る酸化鉱物で、両者の成分は基本的に同じと言うことです。
実際には、両者は同じ鉱物であるコランダム(Corundum)の異なる色の変種で、成分としてはアルミニウムと酸素が主成分で、美しい色を付与する不純物によって区別されます。

サファイア(青いコランダム)

サファイアは通常、青い色を持つコランダムです。この青色は、不純物として鉄やチタンなどが存在することによって形成されます。ただし、サファイアには青色以外にもピンク、イエロー、オレンジ、紫などのバリエーションが存在します。例えば、ピンクのサファイアは「パドパラシャ」または「ピンクサファイア」として知られています。

ルビー(赤いコランダム)

ルビーは赤い色を持つコランダムです。この赤色は通常、クロムが酸化アルミニウムの結晶構造に取り込まれることによって引き起こされます。クロムの存在がルビーに特有の美しい赤色をもたらし、深紅から明るいピンクの範囲にわたります。

サファイアの人気

現代では、サファイアはハイジュエリーやエンゲージメントリングなどの宝石に広く利用されています。その美しさは、芸術的なデザインや洗練された磨き技術によって一段と引き立てられています。サファイアのリングは愛の象徴として人気があり、贈り物としても喜ばれています。

なぜ人気が高い?

宝石としてのサファイアは、その美しさだけでなく、文化的な価値も持っています。かつては戦士たちがサファイアを身に着け、戦いの勝利を祈願したとも言われ、ご祈願としても人気の理由の一つとなっています。

現代では、サファイアは優れた宝石としてだけでなく、ハイジュエリーや魅力的なリングなどにも人気があります。芸術的なデザインや高度な技術によって一層注目されています。

さらに、サファイアは宝石学問分野でも注目され、産地によって異なる特徴が見られます。サファイアの主要な産地にはミャンマー、スリランカ、タイ、マダガスカルなどがあり、それぞれの産地がサファイアに独自の色合いや特性を与えていて、人気が高い宝石となっています。

サファイアを高く売るときの3つの大切な事

サファイアを高く売るときの3つのポイントをお伝えしていきます。

サファイアを手放そうか考えている方は是非参考にしてみてください。

サファイアの品質や産地の証明書

サファイアは、色合い、透明度、カットの品質、サイズ、重量などが重要な要素となります。また、人工的に合成されたサファイアも存在するため、信頼性のある宝石商や専門家に相談することが重要です。

サファイアの産地も価値に影響を与えます。一部の産地から採掘されたサファイアは他のものよりも希少であることがあります。さらに、信頼性のある宝石鑑定機関からの証明書や鑑定書を提供することで、購入者に対してサファイアの品質と正確な情報を提供できるため、より高値がつきます。

お店の選び方

専門家や宝石鑑定士による正確な評価を受けることが不可欠です。実際の価値を把握することで適切な価格で売却することができますので、お店選びは重要です。
サファイアの宝石のみの査定、宝石付きジュエリーとしての査定など、売却するお店により様々ですので、注意が必要です。

売る時期やタイミング

宝石市場は変動するものであり、需要と供給のバランスが価格に影響を与えます。市場動向を理解し、サファイアを高く売りたい時期を見極めることが重要です。特に、宝石オークションや特定の季節において需要が高まることがあるため、それに合わせて売却を検討することがおすすめです。

まとめ

サファイアはその美しさと歴史的な背景から、世界中で愛され続けています。

これらの要素を検討し、サファイアの売却においては専門知識を持った宝石鑑定士や宝石取引のプロの助言を受けることが、高く売却するための成功の鍵となります。

エメラルド

サファイア

ルビー

Follow me!

CONTACT

お問い合わせ

ー ー ー ー

査定・問合せお待ちしております