ルイ・ヴィトン

ダミエはフランスのブランド「ルイ・ヴィトン」

ダミエはフランスのブランド「ルイ・ヴィトン」

の鞄や財布等の商品の柄の一種です。

特徴としてはチェック柄のようなデザインです。

初めはモノグラムの定番カラー「うす茶色×焦茶色」

モデルだけでしたが、2007年頃から女性向けの「白×青」、2008年頃から男性向けの

「黒×グレー」とバリエーションも豊富になりました。

茶系は「エベヌ」、

白系は「アズール」、

黒系は「グラフィット」という名称がついていますが、

通常「ダミエ」と言えば「エベヌ」を指します。

価格はモノグラムとほとんど差はありません。

 

モノグラムのほうがダミエよりも歴史があると思われがちですが、

実は「エベヌ」のオリジナルデザインの方が古く、

1888年ダミエは世界初の商標登録商品として誕生します。しかし、その紋様が非常に単純だった為多くの模倣品が出回り、長きに渡り「モノグラム」が主流商品となりました。そして、1996年、モノグラム誕生100周年を記念し、限定復刻したのです。

実はこの「ダミエ」、モデルになった紋様は何かご存知でしょうか?

日本の市松模様からヒントを得て考案されたそうです。市松模様とは今でも法被の柄などで見ることありますが、白と紺の正方形を交互に配した袴の模様として登場し、その後人気を博し着物の柄として流行しました。

 

現在、日本では若い年齢層に非常に人気があります。財布やキーケース等はユニセックスアイテムとして愛用者を増やしています。この人気はまだまだ続きそうです。