ルイ・ヴィトン

【コラム】委託販売を利用してヴィトンを売る

日本で人気がある高級ブランドのひとつが、ヴィトンです。
テレビの質屋の特集では、ヴィトンのバッグを売る人がよく登場します。
最近は、ブランド品のリサイクルショップにヴィトンを持ち込む人も多いです。
ヴィトンは、最初はトランク工場として出発しています。
1854年に旅行用鞄の専門店をパリに出し、1859年に最初のアトリエができます。
1867年の万国博覧会でメダルを獲得したことで評判となり、1877年にはロシアのニコライ皇太子がトランクを発注しています。
その後、トランクだけでなく、ハンドバッグの販売でも有名になり、王族や貴族、映画スターなどに重用されるようになります。
フルラインの製品をそろえている旗艦店は、パリのシャンゼリゼ店をはじめ、世界に15店舗あり、多くのヴィトンファンが訪れています。

モノグラムラインと呼ばれる模様は、日本の家紋に触発されて生まれたものです。

だからかどうかは分かりませんが、ヴィトンは、日本でも人気が高いブランドで、若い人でもヴィトンのバッグを持っている人は少なくありません。海外旅行に行くと、ヴィトンの製品をお土産に買う人も多いです。

ブランド品のリサイクルショップでも、ヴィトンは人気の品で、高い値で取引されるケースが多いです。
ヴィトンのような超高級ブランドは、売り手側も高い買取価格を期待しています。
買い手側も、かなり譲歩するケースが多いのですが、買い手側が出した金額に、売り手側が納得しないケースもあります。
そういう場合は、委託販売というシステムもあります。ブランド品のリサイクルショップで委託販売を利用すると、売れた値段によってキャッシュバックがあります。
ブランド品のリサイクルショップでは、買取だけでなく委託販売を行っている店も少なくありません。
委託販売でヴィトンのようなブランド品を売ると、売れた額に応じてキャッシュバックを受け取れます。
高級ブランドだと、約70%くらいのキャッシュバックが期待できるため、リピーターも多いです。高級ブランド品の場合、委託販売にメリットを感じる人も多いです。

ヴィトンを委託販売で売りたい場合、宅配を利用すれば手間が省けます。
ショップが用意した宅配キットの箱にヴィトンを入れて、送るだけなので簡単です。
委託販売を利用するには、免許証や保険証などの身分証明書が必要になります。
宅配の場合は、身分証明書のコピーを売りたいブランド品と一緒に箱に入れて送ります。

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%88%e3%83%b3-%e5%b0%8f%e7%89%a9r-01

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%88%e3%83%b3-%e6%b4%8b%e6%9c%8dd-01